蛇口や吐水口などの水漏れを修理するには

最もわかりやすいのが、蛇口や吐水口などの水漏れです。蛇口などを使う度に、水が漏れていないか確認する必要があります。きちんと閉めていないために水がポタポタ落ちることもありますが、しっかり閉めても水が漏れるようなら修理しなくてはなりません。

■蛇口をしっかり閉めているのに水が漏れる

ハンドルやレバーを使って蛇口をきちんと閉めている筈なのに水が漏れるのは、ナットなどの部品が緩んでいたり内部のパッキンなどが劣化しているのが原因である可能性が高いです。製品の説明書などを読んで部品を締め直したり、部品を用意して交換すれば直る可能性があります。
ただし、説明書などを良く読まずにいじってしまうと余計に状態が悪くなるので、蛇口 交換や修理の仕方が良く分からなかったり自信がない場合は、すぐに業者に依頼することを検討するべきです。

■吐水口からの水漏れ

ハンドルやレバーなどを修理しても問題が改善しない時は、吐水口の浄水用のフィルターなどが汚くなっている可能性があります。フィルターやカートリッジなどが吐水口に付いている時は、説明書を読んでフィルターなどの掃除や交換方法などを調べる必要があります。
フィルター関連のメンテナンスをする時も、正しい方法と手順を理解しておかないといけません。交換するフィルターなども、吐水口に合ったもの使わないとトラブルが解決できないので注意する必要があります。

■まとめ
ただ閉め忘れているのに、水が漏れていると勘違いしてしまうこともあります。まず落ち着いてハンドルやレバーなど使って蛇口を閉めて、それでも水が漏れるかを確認しなくてはなりません。それでも水が漏れているようなら、製品の説明書を読んだり業者に修理を依頼するようにします。説明書を読んでトラブルに対応できることもありますが、無理をしないで業者を呼ぶことも検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ