水漏れを修理するには上下水道について理解しておく必要がある

上下水道のトラブルに対応するためには、まず上下水道に関する基本的な知識を理解することが大切です。基本的な知識を持っていると上下水道のトラブルの原因を調べたり、業者に修理を依頼する時にスムーズにいきます。

■基本的な給排水の構造

一般的には地方自治体が管理する配水管や排水管を使って、屋内の給排水が行われます。給水は配水管に接続した止水栓と水道メーターを経由して、屋内などの水を使う場所に届けられ、排水は洗面所や風呂場などから防臭効果などがあるトラップを通り排水管に捨てられます。大きな建物などの場合は、ポンプや受水槽などを用いて高い場所まで給水する仕組みです。
建物内の給排水の仕組みは、それぞれの建物独自の構造となっていますので、同じように使っていても建物が違うとトラブルの原因となることがありますので注意しなくてはなりません。建物内部の基本的な給排水の構造を理解しておくと、排水管 水漏れしたり詰まらせないように使うのに役立ちます。

■水道管に使われる材料

昔は鉄管や鉛管が水道管として良く用いられましたが、現在は丈夫で施工しやすいポリエチレン管やHIVP管などを使うことが多くなりました。鉄管や鉛管は錆びやすいために穴が開きやすく、穴が開くとテープで補修したり水道管を交換する必要がありますが、ポリエチレン管などは加工しやすいので修理しやすくなっています。
水道管も品質が良くて性能の良いものが次々販売されていますから、新しいものに交換することを積極的に検討するべきです。品質の良い水道管を使うと、水漏れなどの問題が発生することも少なくなります。

■まとめ
上下水道のトラブルに適切に対応するためには、構造などを理解しておく必要があります。トラブルが発生してから慌てて調べるのではなく、常日頃から上下水道に関する知識を取得する姿勢を持っておかなくてはなりません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ